History of Maton Guitars

○Maton Guitarsの歴史
会社名の『Maton』は、創設者のビル・メイ“Bill May”の名字である “May” と、音という意味の “Tone”の2つの単語を組み合わせて作られました。ビル・メイはオーストラリア・メルボルン出身のジャズ・ミュージシャン(氏はベース・プレイヤーであった)であり、木工学校の先生、そしてルシアーでした。

 

1930年代中頃、オーストラリアにはギター・メーカーは無く、”品質の良いギター”と言えばアメリカ製であり、オーストラリア国内で入手することは非常に困難でした。このような状況を打開すべく、ついにオーストラリアで高品質のギターを作る決心をしました。

 

1940年代に入り、兄のレグ・メイ(Reg May)と共に、メイトンの前身となる“Maton Stringed Instruments and Repairs”を設立。
1946年に現在のMaton Musical Instruments Companyに社名を変更。

 

1949年にメルボルンのカンタベリーに、オーストラリアで最初の大規模なギター工場を設立。この工場で生まれたモデルは実に300種類以上に。

1989年、40年以上慣れ親しんだカンタベリー工場を離れ、べイズ・ウオーターに大幅に規模を拡大した新工場を建設。

2003年、更に大きくなってきたマーケットの需要をに応えるため、また海外市場の開拓のために、ベイズ・ウオーターからボックスヒルにある現在の工場へ移転。その規模は、ベイズ・ウオーターの工場と比較すると約4倍の大きさに拡大。

 

メイトンを起業し、誰もが知るギター・メーカーとして成長させ、ギターの製造にオーストラリア産の材を導入した先駆者として、ビル・メイは沢山のオーストラリア人ルシアーから”ギター業界創設の父”として崇められています。ビルの死後、彼がオーストラリアの音楽シーンに与えた功績はAustralian Music Association Awardsで高く評価され、2001年に栄誉殿堂入りを果たしています。

TOPへ戻る